• MIYUKI

お姫様の星・十二運星「養(よう)」

こんにちは。四柱推命カウンセラーMIYUKIです。


【四柱推命】の十二運星の中に「養(よう)」という星があります。


十二運星とは「運勢の強弱」を人生の一生になぞられて12個で

表しているものです。



「養(よう)」ってどんな星?


「養(よう)」は一生に例えれば、生まれたての赤ちゃん。

全部何もかもお世話してもらわないと生きていけない時。


赤ちゃんの仕事というと


お腹が空いたら、泣いて、お腹空いたと知らせる。

眠たい時には寝る。

基本ニコニコ(していない赤ちゃんもいるかもですけどww)


もう、これだけでめちゃくちゃ愛されますよね。


「養(よう)」って星も同じで


自分で何かをするというよりかが、

やってもらう。笑顔で受け取る。受け身。の性質になります。


なので、赤ちゃんの星でもありますが


別名、「お姫様の星」


とも言われているんですよねー。



「自分で何もかもやらなきゃいけない!」とかって思っていると

めちゃくちゃ、この星のエネルギーに抗っていることになるので

苦しいのですww


「養(よう)」をお持ちの方で、こういう人結構いるような気がします。

人に頼らずなんでも自分でやろうとする人。

あ、わたしもですけどw


絶対やーめーてー!!!!


「頼ることが仕事」なので、苦手な人はここを努力するとこですね。



また、周りの環境から直接影響を受けやすい星です。

なので、環境はとっても大事です。


自分にとってあまり居心地良くないところには身を置かない方がいいですね。




「養(よう)」の人は受け身のエネルギー


養(よう)の人は受け身の人になりますが、星によっては自分から積極的に行動した方が

いい人もいますし、そもそも人とそんなに関わらなくていい人もいます。


本当に個性はバラバラ。


とにかく「養(よう)」の人は


*居心地悪いとこに根性でいることないし←かつてのわたし、笑

*人に頼ることが大事。「頼るのは人に迷惑がかかることだから絶対だめ!」は

その人のお仕事を奪ってることにもなります。


自分のことをよく知って、ラクにスムーズに人生楽しく生きて行きましょう♪



自分のことよくわからないって方は、ぜひ「四柱推命」の鑑定を受けてみてください。

鑑定を受けた方は皆さん帰る頃にはめちゃくちゃ輝いてます。


それだけ自分を知るって大事なこと。


全てはそこからですよ♪





閲覧数:1,313回0件のコメント

最新記事

すべて表示